プロキオンにタバコとアルコールが影響を与えてしまう!?

 

プロキオン

 

「どうしてもタバコがやめられない…」という方は、かなり多いと思います。

 

また、「ついついお酒を飲みすぎちゃうんだよなぁ…」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

さて、このようなタバコやアルコールですが、プロキオンを服用する際に影響を与えてしまうようなことはあるのでしょうか?

 

 

 

プロキオンとタバコ

 

まずは、タバコについてです。

 

プロキオンを服用していてタバコを吸ったとしても、副作用が出るようなことはありません

 

その点での心配をする必要はないでしょう。

 

 

 

ですが、プロキオンとの関係というよりも、タバコそのものが精力に対して悪影響を与えてしまいます

 

ニコチンには、血管を収縮させる作用がありますので、血流が悪くなります。

 

ペニスの勃起はペニスに血液が集まることによって起こりますから、血流が悪くなれば当然勃起力は低下してしまいます。

 

 

 

また、喫煙によってさまざまな栄養素が消費されてしまいます。

 

特に精力に関して影響が大きいのが、ビタミンCと亜鉛です。

 

 

 

ビタミンCには、血管を拡張したり血管を健康に保つはたらきがあります。

 

喫煙によってビタミンCが消費されてしまうと、これらのはたらきが弱まってしまいます。

 

したがって、やはりペニスへの血流が低下し、勃起力も低下します。

 

 

 

一方、亜鉛には、精子の量を増加させるはたらきがあります。

 

実は、精子の量と性欲には密接な関係があり、精子が貯まることで性欲が引き起こされます。

 

亜鉛の減少によって精子の生成が遅くなりますから、当然精子の量はなかなか増えず、結果として性欲の減退につながってしまいます。

 

 

 

加えて全体的なこととして栄養素が不足気味になるため、身体そのものの元気が失われてしまいます。

 

さらには老化を早めることにもなりますので、精力は減退してしまうのです。

 

 

 

プロキオンとアルコール

 

続いては、アルコールについてです。

 

まず、プロキオンをアルコールで飲むというのは、好ましくありません

 

アルコールと一緒に服用すると、吸収される場所が本来の場所とは異なってしまうことがあり、効果を十分に発揮できなくなる可能性があります。

 

この点は、医薬品であろうとプロキオンなどのサプリメントであろうと同様です。

 

プロキオンを服用する際は、水やぬるま湯で飲むようにしたほうがいいでしょう。

 

 

 

また、精力とアルコールの関係についてもお話しておきましょう。

 

適度のアルコールであれば、血管を拡張してくれますので、ペニスの勃起力に関しては良い影響を与えると言えます。

 

ですが、アルコールを過度に摂取してしまうと、タバコと同様にビタミンCや亜鉛が消費されてしまうので、精力に悪影響を与えます

 

アルコールについては、「適量を守って」ということが、精力には重要になってくるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

タバコやアルコールがプロキオンに何らかの影響を与えるわけではありませんが、結果として精力には影響を与えることがお分かりになったと思います。

 

精力のことを考えれば、

 

  • タバコはやめたほうがいい
  •  

  • アルコールはほどほどに

 

ということになりそうですね。